タグ:為替が付いている記事一覧


FINANCE

ポンド円の動きが悩ましい。短期間で上下約1円をいったり来たりしている。これではトレンドフォローを軸にトレードしている者としては厳しい相場環境だ。とはいえ、目線の変更はない。まだ上を見ている。日足、週足を見れば僕にはそう見える。ただし、気になることが1つある。それはドル円だ。週の後半からドルが売られだし、当然円が買われる展開になったわけだ。これだといくらポンドが買われてもポンド高円安のポンド円上昇とはならない。ということで今回は【為替】ポンド円予想。「ドルが売られて円高」ドル円チャートを見る。こういったテーマで記事を書いていきます。

FINANCE

「悩ましい高値」に阻まれたポンド円は現在下落中(円高)。チャートパターンが崩れてはないが、予断を許さない展開だ。円高が昨夜から進み始め、ユーロが買われている。こうなってくるとポンド円は上昇しようがない。ならどうするか?それは自ら設定しているロスカットラインに到達したなら清くロスカットをすることである。ちなみに、僕のポンド円ロングは既にロスカット済である。ただ、オージー円のロングはまだ持っている。ということで今回は【為替】ポンド円予想「悩ましい高値からの反落」時間足より日足が強力。こういったテーマで記事を書いていきます。

FINANCE

注目していた2本のレジスタンスラインが突破された。こうなると目線を修正せざるを得ない。ユーロが強かった先週。今週に入りポンドが強くなってきた。相場はいつもこうした強弱を繰り返す。先日ブログでも書いたターゲット予想にはだいたい届いた形となった。ここから更に上にブレイクするなら大きな値幅が見込める。今回の記事は更に上へブレイクしたと仮定し、そのターゲット予想のをしたみた。トレードをする上で役に立てたら光栄です。ということで今回は【短期予想】ポンド円。4時間足ブレイク。日足のレジスタンスラインこういったテーマで記事を書いていきます。

FINANCE

今回はポンド円を中期の視点で見てみよう。中期とはいっても値動き次第で時間軸は変わる。簡単に言ってしまえば時間軸の長いローソク足を使用してチャートを分析してみるということだ。これまでは主に1時間足を使いポンド円の短期予想をしてきた。これからは4時間足・日足・週足、そして月足を使って予想をしてゆく。本記事では4時間足と日足のチャートを用い解説した。とてもシンプルで初心者にも分かりやすい記事になっているはず。興味があれば一読を。ということで今回は【予想】為替/ポンド円の新しい戦略「中期で見る」【真似厳禁です】こういったテーマで記事を書いていきます

FINANCE

下降型トライアングルのトレンドラインをブレイクしても僕はそのチャートパターンを使い続けることがあります。今回は丁度そのパターンです。ただし、このトレンドラインにレートが反応しなくなってくると話は変わります。新しいトレンドラインが必要になるわけです。ターゲット予想の変更はないです。しかしチャートパターンを変更したので日柄を修正する必要がでてきました。新しい予想は来週の始めとなります。ということで今回は【続・予想】ポンド円「ショート」は注意信号点灯中【真似厳禁です】こういったテーマで記事を書いていきます。

FINANCE

本日も引き続きポンド円の予想、第4弾です。近々大きくな動きを見せると予想しているポンド円ですが、なかなか予想の取りに動いてくれません。しかし、それでも僕の「目線」はショートのままです。先日のブログでも書いたが右肩ショルダーの高値をブレイクしてくるなら本予想は破棄せざるを得ないわけです。いまのところそんな心配はない模様。週末にも入りそろそろかと。ということで今回は【続・予想】ポンド円に「大きな動き」はなし。【#真似厳禁です】こういったテーマで記事を書いていきます。

FINANCE

第3回目のポンド円を予想してみました。現状はまだターゲット予想の133円の見立ては変わっていません。しかし、昨夜の動きを見ると少し注意が必要だと認識にいたりました。理由は本記事に書いているので一読を。「おまけ」としてユーロ円のことにも触れました。ちなみに、僕はユーロ円をロングしています。ポンド円はショートしていません。なぜユーロ円をロングでポンド円がショート目線なのかも本記事で触れています。ということで今回は【続・予想】ポンド円・サポートラインが機能した【真似厳禁です】こういったテーマで記事を書いていきます

FINANCE

昨日に続き、ポンド円短期予想をやってみた。いまのところヘッド&ショルダーを形成中だという考えに変わりはない。ここから更に下に行くのか、それとも上に向かうのかは誰にもわからない。それでも敢えて予想してみよう。おまけとしてポンドドルの予想もしてみた。ポンド円が落ちる予想なので、当然ポンドドルも下落すると見る。本来ならドルストレートを中心に見るのがセオリーだが。ということで今回は【予想】為替/ポンド円「続・短期予想」【昨日に続き真似厳禁です】こういったテーマで記事を書いていきます。

FINANCE

今回はポンド円の短期予想をしてみた。前回に比べてターゲットは並の結果となった。値幅的には約1円だが、ヘッド&ショルダーを形成すると決めつけるなら3円以上は取れる計算になった。とはいえ、通貨の強弱を見るとポンドをショートするならユーロとなるが、それでも円が強く、かつチャートパターンが美しいので本記事で取り上げてみた。再三言ってますけど、僕の予想を真に受けてトレードしないでくださいね。そんな人いないと思うけど、念のために言っておきますね。ということで今回は【短期】「為替」ポンド円を予想してみました。【真似厳禁です】こういったテーマで記事を書いていきます

FINANCE

「損小利大」という格言の通りにトレードが出来るなら誰も苦労なく相場から利益を得ることができる。しかし相場はそんなにあまくない。逆指値を置けば損失は限定され、適当に利確をしなければ利益は無限に広がる可能性がある。となると、利確をせずにずっと持ち続けていればいいのだろうか?当初僕は利益はほっておくのが良いと考えていた。正直今でもそう思っている。しかし、先日の僕のトレードでその考えに疑問が生じた。本記事ではその時のツイートを交えながら僕のメンタル的な動きを記した。そしてトレードルールの疑問も書いた。同じ悩みを持っている人もいるだろう。本記事がそんな人達のトレードのヒントになると嬉しく思う。ということで今回は【為替】「利益」は無限。「損失」は限定【静かな苦しみが心に残る】こういったテーマで記事を書いていきます