【短期】「為替」ポンド円を予想してみました。【真似厳禁です】

FINANCE

どうもこんにちは。マサトです。
僕の記事を選んでくれてありがとうございます。

さて、突然ですが、前日僕はこんな記事を書きました。

【過去記事】【為替】ポンド円を予想して見ました「2022年以降100円割れ」

他にもドル円とユーロ円の長期予想もしているので興味があれば一読して見て下さい。

予想数値的にはもはやネタの領域に達しておりますので真似厳禁でお願いしますね😎

そして、今回はもう少し短い時間軸でポンド円の予想をしてみようかなと思います。

ということで今回は【短期】「為替」ポンド円を予想してみました。【真似厳禁です】こういったテーマで記事を書いていきます。

ちなみに、僕は株式やFXの経験が10年以上あります。とはいえ、ただいま連敗中。

【本記事の内容】

  • 「為替」ポンド円を予想してみました。

上記1つで記事を書いていきます。

「為替」ポンド円を予想してみました。

「為替」ポンド円を予想してみました。


ということで、今回は1時間足でポンド円の短期予想をしてみたいと思います。

冒頭で紹介した長期予想記事では、ポンド円が100円を割れるというネタ並の予想が出てしまいましたが今回は「それほどでもない」というのが僕の考えです。

まずは下記の画像を見て下さい。

ポンド円
予想

ポンド円、1時間足でヘッド&ショルダーを形成すると予想してみました。

紫のレジスタンスラインは右肩ショルダーでブレイクできずに反落予想です。紫四角の箇所です。

現在(2020年7月13日時点)ポンド円が強いので少し上昇と見ます。とはいえ、それでも円の方が強いので紫四角の箇所で下降が始まると見ているわけです。

赤色の右肩上がりトレンドラインを下にブレイクしてして、黒〇の箇所を更に下へブレイクすれば「ヘッド&ショルダー」の完成となります。

1時間足とはいえ、大きく反落することが予想される。

ただし、黒色の右肩上がりのトレンドラインで止まり、再度上昇となるとラインの引き直しが必要になるのでこの予想は破棄となりますので注意が必要です。

どこまで落ちるか

下記の画像を見て下さい。

ポンド円
予想
ターゲットは133円

いつものように計算すると133円となり赤色サポートラインから約1円落ちる計算です。

計算方法は超簡単です。下記の記事に書いてるので興味があれば一読を。

【過去記事】【為替】ドル円を予想してみました。「2022年に100円を割る」

それでも、ヘッド&ショルダーを形成すると信じて紫四角の箇所でショートするなら300PIPS以上取れることになります。

まあまあの利益幅ですね。

日柄

ヘッド&ショルダーが形成されると仮定するなら、日柄はいつになるのか?

正直、正確な日にちまでは分からないけど、遅くても今週中にはヘッド&ショルダーを完成させるとみている。

再三言ってますけど、僕の予想を真に受けてトレードしないでくださいね。そんな人いないと思うけど、念のために言っておきますね

ただし、先ほども言ったように黒色トレンドラインで反発して各ラインをはみ出してくるなら、この予想は破棄となります。

ユーロとポンド

欧州通貨をトレードする際に僕が注意していることは、ユーロとポンドの強弱です。

本記事ではポンドのヘッド&ショルダーを予想しています。ということはショート目線ということ。

しかし、現時点での通貨強弱はユーロの方がポンドよりも弱い。
なので本来ショートをするならポンドではなくユーロということになります。

それでも、これはユーロとポンドに限った話ではなく各通貨で言えることです。

強弱は刻一刻と変化します。

この見定めは僕自身の課題でもあるのですが、通貨の強弱を精度高く予想できればもう少し良いトレードが出来ると思ってます。

それでも、1時間足でポンド円を見るとチャートが美しいパターンを形成中なので見逃せないというのが正直なところ。

ここは、読者の判断に任せることになります。

ということで今回は【短期】「為替」ポンド円を予想してみました。【真似厳禁です】というテーマで話してみました。
参考になれば幸いです。

最後まで読んでくれてありがとう。それでは、素敵なトレードライフを。

【おすすめ】【2020年】おすすめFX会社は4選【キャッシュバックお得情報】