【将来の夢不要論】将来の夢は「ない」でいい【無理に探す必要なし】

LIFE


どうも、こんにちわ。主夫歴10年以上のマサトです。
いまは朝の7時です。さっそく、ブログ書きます。


さて、突然ですが、将来の夢はありますか?
医者・弁護士・建築家ですか?
それとも、ユーチューバー?プロゲーマー?


「やりたい仕事はありますか?」


もしかしたら、「将来の夢はない」or「わからない」ですか?
答えがイエスなら、偶然です。それなら僕と同じです。


だれもが皆、夢を持っているわけじゃないです。
将来の夢がない人。分からない人もいます。
それに、将来の夢は無理に探す必要はないというのが僕の考えです。


そこで、今日は「【将来の夢不要論】将来の夢は「ない」でいい
こういったテーマで記事を書いていきます。


興味があれは、少しお付き合いください😌

🔽本記事の内容

  • 将来の夢は「ない」でいい【無理に探す必要なし】
  • 目の前の問題からとりかかろう
  • その場しのぎで乗り切ろう
  • まとめ


上記4つで話していきますね。
本記事を読めば、なぜ将来の夢がなくてもいいのか分かりますよ。

将来の夢は「ない」でいい【無理に探す必要なし】

将来の夢は「ない」でいい【無理に探す必要なし】


将来の夢があるなら、それでいい。


でも、ないなら無理して探す必要はないです。
時間がもったいないから。

  • 探して見るかる物じゃないから
  • 将来の夢が負担になるから


理由は上記2つです。
では、1つずつ見ていきます。

探して見つかる物じゃないから


ないものを見つけるのは無理です。


無くした物なら見つかりますが、もともと「ない」のに見つけることは出来ないです。


例えば、宇宙の存在を知らないネズミに宇宙の場所は分かりませんよね。

だから、夢の場所が分からない(将来の夢がない)のに夢を探すことはできないというのが僕の考えです

将来の夢とは、いまの自分と遠い未来を無理やり結ぼうとする言葉です。


目標物が見当たらない。目標物をしめす羅針盤がないのに、将来の夢に向かって進んで行くのは無理ですよね。


「夢がない」というのは、夢というモノがあることは知っている。けど、あまりに遠過ぎということです。

見えないモノをいくら目を凝らして探しても、今は見えるわけないです。
つまり「ない」でいいんですよ。

将来の夢が負担になるから

将来の夢が負担になるから
「将来の夢を書きましょう」
「あなたの、将来の夢はなに?」


これは、子どもの頃に、よく聞かれた僕の記憶でして、いまの子どもたちも同じことを訊かれている印象を持っています。


野球選手と答えた記憶があります。


小学校の文集に将来の夢を書いた記憶もあります。
とはいっても、ホントになりたかった夢ではありません。


野球選手と言って、父は喜んでいた記憶があります。

そのとき僕は、不安になったんですよね。「なれるかな?」と。


自分もそうでしたが、子どもは親の期待に応えようとします。
勉強でもスポーツでも。
それで子ども自身が成長もしますよね。
でも、夢はときに大きなプレッシャーになります。

NBAの元プロバスケットボール選手。「チャールズ・バークレー」を知ってますか?
カッコイイなと、彼のポスターを見ていた僕の目にバークレーの言葉が飛び込んできました。

「最大の敵はプレッシャーだ


当時、僕は中学生でしたが、その言葉に衝撃をうけました。


いまでも覚えていますし、プレッシャーに負けてチャレンジする勇気が持てず、たった1歩を踏み出すのに何度も躊躇して生きました。


夢が負担になって、人生の道が進みづらくなるのは、いかがなものかというのが僕の考えです。

目の前の問題からとりかかろう

目の前の問題からとりかかろう


近くにある問題からとりかかりましょう。


できるだけ近いほうがいいです。
手が届くくらいです。

まずは、その問題を解決していきましょう。


部屋の掃除・宿題・卒論・漫画の本。なんでもok。

前にある問題を拾っていきましょう。
解決できなくても大丈夫です。
それは、ポケットにしまっておきましょう。
気が向いたらポケットから取り出して、その問題と向き合いましょう。


1歩1歩そうやって前に進めばいいかと。

その場しのぎで乗り切ろう

その場しのぎで乗り切ろう


将来の夢を訊かれても、「ない」と言えるならそれで良いです。


場の雰囲気が気になるなら、適当なことをプレッシャーを感じない程度に、かるい気持ちで答えておきましょう。


適度なプレッシャーはパフォーマンスを上げますが、過度のプレッシャーは判断力をにぶらせるというのが僕の考えです。

まとめ

まとめ


あたりまえのことだけど、夢と目標は違います。


目標は、自分と夢との間にあるものです。


夢を叶えた人はいるけれど、叶わなかった人はそれよりもかなり多いはず。
そんな人は、どうしているのでしょ?


🔽答えはこちら

夢と自分との間にある目標は分岐点です。

分岐点は分かれ道ですから、近くの目標に着いたら、そこから新しい目標を見つけましょう。

 夢が見えないなら、無理して見ようとしなくてokですよ。 
手に届くくらいの、1番近い目標を目指して気楽に進んでいきましょう。 


目標を1つずつ超えていけば自然と夢へ近づいているから。


上記の通り、とちゅうで方向を変えればいいだけです。
とても簡単です。
気楽に進路を変えてやりましょう。


仕事もそうですが、なにか悩んでいるなら、まずは目の前の課題を解決するようにしましょう。


自分がまえへ進んでいるなら、夢はすでに手の内にあります。
ただ、まだ夢の名前は分からないだけです。
問題ありません。

というわけで、今回は「将来の夢は「ない」でいい/無理して探す必要なし」
こういったテーマで話してみました。 参考になれば幸いです。


それでは、素敵な1日を😌


【おすすめ】【体験談】仕事を辞めたいなら迷わず転職しよう【無理は続かない説】