【短期予想】ポンド円。4時間足ブレイク。日足のレジスタンスライン

FINANCE

どうもこんにちは。マサトです。
僕の記事を選んでくれてありがとうございます。

さて、先日から予想しているポンド円ですが、4時間足チャートで注目していたレジスタンスラインを上にブレイクしてきました。

僕は、ずっと下目線だったのですが、こうなってくると事情が変わってきます。

ということで今回は【短期予想】ポンド円。4時間足ブレイク。日足のレジスタンスラインこういったテーマで記事を書いていきます。

先週と打って変わってユーロが売られ、ポンドが変われる展開になってますね。

【本記事の内容】

  • ポンド円。4時間足ブレイク。日足のレジスタンスライン

上記1つで記事を書いていきます。

ポンド円。4時間足ブレイク。日足のレジスタンスライン

ポンド円。4時間足ブレイク。日足のレジスタンスライン


注目していた2本のレジスタンスラインをブレイクしてきました。

短期的な下目線は見直しが必要です。

では、先日の僕のツイートを見て下さい。

【FX】ポンド円予想

ドルが売られている。そしてポンドも売られている。
ということはユーロ円ロングとなりますね。

ブログをアップしました。
⇩タイトルはこちら

▶️【FX】美しいチャートパターンとは?。どんな形?【初心者必見】◀️

ツイートは午後6時#真似厳禁です

これは正午ごろのツイートです。

この時はまだユーロよりもポンドが売られていました。

とはいえ、円も売られていたのでポンド円に下げそうな雰囲気はなかったです。

では次のツイートです。

【FX】ポンド円予想

トレンドラインにタッチしてきました。
次はポンドが強含みだすか?
どう動くか注目です。#真似厳禁です

午後6時頃から出たトレンドは継続しやすいというのが僕の考えです。

このときユーロが売られ始め、ポンドが買われていたので注目していました。

その後の結果はどうなったか?

下記の画像を見て下さい。

ポンド円

先日、ブログでも書いたレジスタンスラインをブレイクしていました。

ターゲット予想は約1円だったので丁度いいところまで来たことになりますね。一応過去記事を貼っておきます。気になる人だけ見て下さいね。

【過去記事】【予想】為替/ポンド円の新しい戦略「中期で見る」【真似厳禁です】

日足のレジスタンスライン

上にブレイクしたときの短期予想はこれで終了となりますが、次のレジスタンスラインに注目です。

上記画像を見てもらえると黒色レジスタンスラインが確認できるかと。

これは日足ベースで見たレジスタンスラインです。

これまで見て来た赤色レジスタンスラインは4時間足チャートをベースしたもの。

日足のレジスタンスラインということは、時間軸が長くなったということ。

つまりそれだけ壁が厚いラインだというのが僕の考えです。

ここからは、ちょっと余談です。

4時間足よりも日足。

日足よりも週足。

週足よりも月足。

このように時間軸が長くなればなるほどレジスタンスラインやサポートラインは固く、ブレイクしづらいです。

これは僕の考えでもありますが、チャートを見ても簡単に確認できるはずです。

話を戻しますね。

日足のレジスタンスラインで跳ね返されたことになります。

ここを更に上へブレイクするのか。

それとも反落して再度、下を目指すのか。

この2つを念頭に置いてトレードをすることになります。

上にブレイクで139円

ポンド円

上記画像は直近レジスタンスラインをブレイクしたと仮定して考えたもの。

ここで悩ましのが直近レジスタンスラインをブレイクしても136.30~40レベルに中途半端な高値があることです。

中途半端というのは僕の主観になりますが、見るかぎり美しいとは言えないのです。

「美しい」というのも僕の主観になってしまいます。ただし、僕の見えるチャートパターンが正しいという訳ではないのは理解してくださいね。

中途半端な高値をブレイクすれば140円付近まで狙えるというのが、今回の僕の予想です。

約4円くらい取れることになります。

そうそう上手くいくはずはないと思うけど、頭の中でイメージしてトレードすることは大切なことです。

どうなるか楽しみですね。

ということで今回は【短期予想】ポンド円。4時間足ブレイク。日足のレジスタンスライン。というテーマで話してみました。
参考になれば幸いです。

最後まで読んでくれてありがとう。それでは、素敵なトレードライフを。

【おすすめ】【2020年】おすすめFX会社は4選【キャッシュバックお得情報】